初心者のための副業ブログ

エクシード株式会社(原田英一)のゲインチェックを検証!

FXの絶対負けない必勝法について

time 2020/05/21

・FXで勝つ方法はあるのか? 少額資金で取引ができるFXは、投資に興味を持たれると一度は対象として考えるのではありませんか。でも、ネットでは大儲けしたという声がある一方で、大損したという声もあり、実際に始めるのに躊躇があると思います。私はFX歴が長いですが、そこから言えるのは、大儲けと大損は隣合わせなのでどちらも事実という事です。 神懸かり的な天才トレーダーで大儲けが出来る人もいれば、運や偶然から大儲けが出来る人もいます。この二つを一緒くたにすると混乱や間違いが起こります。そして、大半のトレーダーは大損とはいかなくても、損失が嵩むのがFXでもあります。その事実を知ると、平均的な能力のトレーダーはFXから撤退をするのです。 しかし、FXにはチャンスがある一方で現実社会にはチャンスがないですよね。だから、撤退するトレーダーがいるのに、新規参入者も圧倒的に多いのです。それでは、平均的な能力のトレーダーが勝つにはどうすれば良いのでしょう? ・絶対に負けたくないなら1通貨取引がおすすめ! 結論から申し上げると、FXは1万通過などで取引をしていると負けます。それは、予想した方向と逆に動くと心理的な負担にもなり、早い損切りだと損失回数が増え、ナンピンにすると大量資金が必要となるからです。何億円も資金があるなら別ですが、初心者に多い数十万円を入金して始めるなら、SBI証券などが取り扱う”1通貨単位”での取引を行うべきです。 国内業者の場合は米ドル1万通過を取引するのに、約4~5万円の証拠金が必要です。しかし、SBI証券での1通貨取引なら証拠金は5円です。これだと勝っても負けても利益や損失が少ないですが、だから最初は少なくして、予想通りに動けば何度も買い増し、又は売り増しをしてポジションを多くします。逆に予想と反対に動いた場合は、ナンピンを繰り返すのです。 要するに、建てたポジションから20円ぐらい反対に動いても強制決済をされないように調整をすれば、FXで負ける事はほぼなくなります。あまりにも無謀なやり方だと思うでしょうが、どんなに知恵を絞ってもFXでは一部の本物の天才しか勝てない世界です。だから、平均的なトレーダーはナンピンをする前提での戦略を練るのです。 株取引の場合は、昔の様に何十年も長期ポジションを持つ場合もありますが、FXでは反対決済をするので半年から1年ぐらいでどんなに一方に動いても、その後は反発があります。ナンピンをし続けて耐えると、いずれは光明が射すという事です。