初心者のための副業ブログ

エクシード株式会社(原田英一)のゲインチェックを検証!

ネット証券会社の躍進!背景にある投資家の思い

time 2020/04/09

株取引に興味関心があっても、実際に取引するにあたっては「なんとなく気が引けてしまう」という人も多いのではないでしょうか。確かに株取引をするとなれば、値下がりリスクや信用リスクなどのさまざまなリスクが生じることになります。銀行預金などのように、元本が保証されたものではありません。株取引の基本は、安いうちに購入して高くなったら売却するという至ってシンプルなものです。そして、その差額が儲けになります。株取引で安定的に利益を出すためには、情報入手がカギを握ることになるでしょう。そのためにも信頼できる情報源を確保しておきたいところです。自分自身での情報収集には、ある程度の限界があります。やはり、投資顧問や経済エコノミストなどの信頼度の高い情報だけを信用するような心がけをしましょう。
株取引の中でも、最もシンプルで代表的なのが現物投資です。企業のファンダメンタルズやテクニカルな要因を見極めるのが、儲けを出せるかどうかの重要ポイントです。現物投資の良いところは、リスクが限定的なところかもしれません。購入した企業が倒産することになれば、投資した金額を失うことになりますが、そんなケースは極めて限定的です。保有しているだけでも、配当金はもとより、株主優待制度などの恩恵を受けることができます。株取引をする人の中には「現物投資だけでは物足りない」という人も多いのではないでしょうか。そんな投資家におすすめなのが、信用取引や投資信託、IPO などです。とりわけ、少ない元手で巨額の儲けを手に入れることが可能な信用取引は妙味の多い取引といえるでしょう。
株取引をスタートする際には当然ながら、証券会社を使う必要があります。誰もが知るような大手証券会社から小規模な証券会社までがある中で、どの証券会社を選択するのかも大事なことです。ネット時代の様相を呈している今、いわゆるネット証券会社の台頭には目を奪われるほどです。また、「貯蓄から投資へ」の謳い文句を政府が掲げるなど、リスクを容認する流れも起こっています。日本銀行が進めるマイナス金利政策による影響も少なくないのかもしれません。ネット証券会社が好まれるのは、手数料の安さも大きいといわれます。証券会社の収益の柱となる手数料ですが、投資家にとっては痛い出費です。ネット証券の多くが、専任アドバイザーなどをおいていませんが、希望があれば銘柄の相談をすることもできます。